共同宣教司牧ニュース 34号

サポートチームから次年度講座のお知らせです

オンライン講座「キリスト信仰の見つめなおしー初代教会とパウロの世界―」

2022年度も、オンライン配信形式でお届けいたします。

4月から【初代教会とパウロの世界】が始まります。使徒言行録やパウロ書簡を中心に読みながら、初代教会の混乱の様子、そしてパウロの主張と宣教の動向を見つめます。
その時々に生じていた様々な課題、異端へのパウロの対応状況には、現代でも全く変わらない、大変、重要な示唆と導きがあることを共に確認し、そこから「キリスト信仰の本質」を深く見つめ直すことができればと願っています。

講師 古川 勉師(雪ノ下教会)より

  • 配信予定日時 全土曜日 午前11時から8日間
  • ① 4/9 ②5/7 ③ 6/4 ④7/2
  • ⑤ 8/6 ⑥9/3 ⑦ 10/1 ⑧11/5
  • ⑨ 12/3⑩2023年1/7⑪ 2/4 ⑫3/4
  • 受講料12回 3600円 お申し込みはサポートチームのウェブサイトから(2月中旬ご案内予定)
  • 初回申し込み締切 3月31日(木)開始後の受講も可能です

「沈黙の祈りを学ぶ ―センタリング・プレイヤーの実践と分かち合いを通してー」

このコースでは、とてもシンプルな祈りの方法である「センタリング・プレイヤー」を身につけることを目指します。センタリング・プレイヤーは、沈黙のうちに神の現存に心を向ける祈りの方法 (詳細はコースの第一回目でご説明いたします)です。コースの中心は、センタリング・プレイヤーの方法を用いて実際に祈ることと、その祈りの体験を参加者がお互いに分かち合うことです。
また、日々の祈りの生活を深めるために、他の祈りの方法の紹介や、祈りについての短い講話も行います。
私は数年前にセンタリング・プレイヤーを知り、今では日々の祈りとしてこれを実践しています。自分の信仰の歩みの中で、センタリング・プレイヤーと出会えたことは本当に大きなお恵みであったので、この祈りを他の人々と分かち合いたいと思い、このコースを始めることにいたしました。
日々の祈りを通して神との交わりを深めたいと望んでおられ、毎日少なくとも20分間、センタリング・プレイヤーを実践するための時間を取ることができる方は、どうぞぜひ参加をご検討ください。
会場は藤沢教会、日時は土曜日の午前中を予定しておりますが、詳細につきましては後日改めてまたお知らせさせていただきます。

  • 2022年度講座の詳細とお申し込みは、聖香油ミサにて配布予定のご案内及び募集要項をご覧ください。

座長 鈴木 真


デジタル水琴窟

(準備中)

共同宣教司牧ニュース34号 発行:共同宣教司牧サポートチーム神奈川責任者:鈴木真( 座長 山手教会 )

Recent articles

共同宣教司牧ニュース 33号

サポートチームからお知らせです 葬儀等(弔問から埋葬)への信徒の関わり方 企画概要 予定できないのが「葬儀」です。様々な理由で司祭不在時に葬儀を行わなければなら …

共同宣教司牧ニュース 32号

チームメンバーからの発信コロナ禍で信仰者としての自分が気付いたこと、変わったこと 2 「しないことではなく、何ができるかを考えること」 菊地育子( マリアの宣教 …

共同宣教司牧ニュース 31号

傾聴「良い聴き手になるために」(2020年度チーム主催研修、後期開催予定)は、本年度は休講致します。周りの状況を充分に把握し、頃合いを見て、改めて募集のご案内を …